温泉による自然治癒力の向上と心身のリフレッシュモニターツアー

観光庁ニューツーリズム推進事業<大分県竹田市>
“現代版湯治・温泉療養保険システム
モニターツアー”

  • 日時 2011年3月2日~3月5日(3泊4日)

「竹田市広報4月号」の特集記事になりました。
下の画像をクリックすると拡大します(左=5ページの記事/右=4ページの記事)

竹田市広報P5

竹田市広報P4

エンジェルファームのスタッフによる血圧測定

エンジェルファームのスタッフによる血圧測定。
右が遠間智子。
左が小畑朱美。
ふたりとも元看護師で、正看護師の免許を持っています。

ニューツリズム

モニターツアー

大分県竹田市

久住高原荘

ツアーは国民宿舎久住高原荘から始まりました。
後ろの山は九州アルプスと呼ばれる久住連山。
背後には雄大な大草原が広がっています。

画像の説明

歓迎セレモニーが始まる前に竹田市長もメディカルチェック(血圧検診)。

画像の説明

首藤勝次・竹田市長による歓迎のごあいさつ。

画像の説明

首藤文彦・竹田市観光ツーリズム協会会長のごあいさつ。

松田忠徳

札幌国際大学観光学部教授の松田忠徳先生による、基調講演。
文学博士の先生が最近、医学博士になられ、医療の観点から、病気にならない方法として、温泉・食事・ウォーキング・笑いの重要性を説かれました。また家庭では、シャワーではなくお風呂に入ることが重要であるとお話しされました。誰にもわかりやすく、ユーモアたっぷり&情熱的なご講演でした。

画像の説明

竹田市商工観光課の職員によって、エンジェルファームの小畑朱美と遠間智子が紹介されました。

画像の説明

小畑(左)と遠間(右)による血圧検診。
ふたりともベテラン看護師出身なので、落ち着いた対応でした。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

竹田市観光ツーリズム協会や商工観光課の職員によって、体温測定と、疲労度チェック(唾液で調べる)が行われました。

長湯温泉・御前湯

ツアー2日目(3月3日)は、旧竹田市街と岡城址散策。
3日目(3月4日)は、長湯温泉・御前湯にて、エンジェルファームのワークショップと体験セラピーが行われました。

画像の説明

ワークショップは喫茶ルームで。遠間が担当しました。
小野塚、岩下、山本がヘルパーに入りました(前に立つ4人)。

画像の説明

初めに遠間が、ダイエット(80kgから55kgへ)が入浴療法(愛称エンジェルバス)によって成功したことをお話しました。

画像の説明

次に、小野塚圭子がアトピーを克服した体験を、写真を見せながら語りました。彼女の場合も入浴療法が柱になりました。

画像の説明

参加者に二人ずつパートナーを組んでもらい
家庭で誰でもできる“癒しのマッサージ”の体験実習をしました。
マッサージは入浴と共にぜひ家庭で取り入れていただきたい健康法です。

エンジェルバス

受け手のひとは足湯も体験。
エンジェルバスの贅沢な足湯でした。
いつものTP竹エキス+死海の原水+大和の光石と
この日はバラの花弁を浮かべました。
素敵な香りが御前湯喫茶室にひろがっていました。

画像の説明

画像の説明

画像の説明

受け手と、行い手が交代します。
エンジェルファーム式の癒しのマッサージだと
ちょっと習っただけでも意外に気持ちがいいということを
体験していただけたと思います。

画像の説明

そして最後は、お好みで「天使の薬草茶」か「美肌&疲労回復ティー」を飲んでいただきました。

画像の説明

御前湯の和室休憩室では、エンジェエルファームの体験セラピー(ヘッドセラピー40分)を行いました。これは小野塚がセラピー開始前、プレカウンセリングをしているところ。

体験セラピーは小畑、小野塚、岩下、山本が担当。

画像の説明

翌3月5日ツアー最終日は、再びメディカルチェックが行われ
小畑と遠間が血圧測定を担当させていただきました。

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional