若手監督ハン・ジエさんのセラピー体験

2010/10/31 10:30~11:30
長湯温泉・日韓短編映画祭の韓国人ゲスト
若手監督ハン・ジエさんがセラピー体験
場所:宿房「翡翠之庄」施設内のエンジェルファームのセラピールーム
セラピスト:遠間智子

第1回長湯温泉・日韓短編映画祭はエンジェルファーム代表・香山茂樹が実行委員会の事務局長を務めました。話の流れから、エンジェルファームのセラピーを体験していただくことになりました。

ハン・ジエ

ハン・ジエさんは、とてもフレンドリーで想像以上に素敵な女性でした。宿泊先からセラピールームに向かう車中でも、セラピーを担当させていただくことになった私(遠間智子)の片言英語にもおつきあいして下さって、笑いが絶えませんでした。

ハン・ジエ

ハン・ジエさんには撮影も快諾して下さってセラピーは静かに始まりました。
額に手をあてると、お話しした印象通りで、私の心まで洗われるようなピュアで澄んだ感じがありました。
これは音叉療法の様子です。

ハン・ジエ

セラピー途中からスーッと寝息がきこえてきました。
終了後、感想を伺うときれいな笑顔で「good!!」と評価していただきました。

ハンさん、お疲れ様でした。
大切な時間を共に出来たことを心から感謝します。
(遠間 記)

  • ハンジエさんの小品を見る
    26歳の韓国人女性監督ハン・ジエさんが大分県竹田市・長湯温泉に滞在した期間にまとめた小品。撮影はイ・ソヒョンさん。「LOST IN TAKETA」「長湯温泉の人々」の2部構成です。

竹田市公式WEBサイトの「写真ニュース」のコーナーに
ハン・ジエさんが下記のように紹介されました。

今月12日から14日まで、直入町長湯にて開催される『第1回長湯温泉・日韓短編映画祭』にゲストとして招待されているハン・ジエ監督が11月1日に竹田市本庁舎を訪れました。

ハン・ジエ

ハン・ジエ
竹田市の首藤勝次市長とツーショット

2008年、全州国際映画祭の短編部門で最優秀賞を受賞した女性監督ハン・ジエさん。
今回の映画祭で、短編映画(ショートムービー)を発表することが決まっていることから、早めに竹田入りをしています。すでに岡城跡や白水ダムなどをまわったそうです。
「ドキュメンタリー風の映画を作りたいと思っている。働いている人の姿や老人や子どもの生活風景など、人間を中心にした作品にしたい。まだ竹田をみてまわって、いろんなイメージを作っているところ…。でもあんまり時間がないので、ストーリー的なものは作れないと思う。ドキュメンタリーのイメージだけになると思う」と、構想を話してくれました。すばらしい作品の完成を期待しています!

powered by Quick Homepage Maker 5.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional