ベニシジミ[紅小灰蝶/紅蜆蝶]
Small Copper

1.5cmていどの目立たないごくごく小さな蝶。
コパー(Copper) とは銅。英名は「小さな銅」。
ユーラシア大陸、北米大陸、オーストラリア大陸・・・ベニシジミは世界中で生きている。ヒマラヤの高地(標高4000m)や北極圏にも生息するという。
上の写真は2020年5月21日、エンジェルファームのカモミールの花で吸蜜するベニシジミ。

2020年6月14日、カレンデュラ・アルファの花で吸蜜。

2020年6月14日、マジョラムの花で吸蜜

2020年6月8日、ストケシアの花で吸蜜。

2020年6月7日、駐車場に勝手生えするヒメジョオン(姫女菀)の花で吸蜜。

2019年6月20日、ハーブのタイムの仲間で吸蜜。

2006年4月15日のブログでこんなふうに書きました。
「小さな小さな存在ですが ベニシジミにはベニシジミの生の営みがあります。 私たちの文明はこういう小さな存在を価値無きものと みなしてきましたが、実はそれは間違ったものの考え方でした。 菌類、微生物たち、小さな小さな昆虫や、魚たち、植物たち・・・ 彼らの存在こそが、私たちがこの惑星で生存できる環境を 作ってくれていたのでした。」