花アブはかわいい花粉交配者
Hoverflies are Kawaii Pollinators

Music by Lee Rosevere“Weightless”


蜂とかアブというと「刺すからコワイ」という先入観を持っているひとが多いけれど、花の蜜を吸う花蜂や花アブはいたっておとなしく、人を攻撃してくることはありません。アシナガバチやスズメバチといった肉食系のハチは人を刺す可能性がありますが、人を積極的に襲ってくるわけでなく、攻撃されたと感じたとき防衛のために刺します。

アブに関してもほとんどのアブは刺しませんが、ヤマトアブ、ウシアブ、キンイロアブのような動物の血液を吸う吸血性のアブがいて、彼らは攻撃のためではなく吸血のために人も刺します。けれども刺すアブも凶暴ではないし、めったに刺されることはありません。いたって穏やかで意外なほど弱い。人間の方がよほど凶暴です。蜂やアブを無暗に恐れるのは間違っています。

花アブは、ミツバチやマルハナバチといった花蜂につぐ重要な花粉交配者(送粉者・花粉媒介者/ポリネーター)です。花アブは種類も多く(日本500種、世界6000種)、多種多様な花を担当している面において花蜂より活躍しているそうです。

2019/05/07 薔薇で吸蜜するミナミヒメヒラタアブ(トップの写真も)。

2019/05/07 この写真を撮っているときに上のミナミヒメヒラタアブが飛んできました。花アブの英名“Hoverfly”の“Hover”とは、飛翔中に空中停止すること。ヘリコプターなどがホバリングできますが、そのことです。ときどきホバリングしながら飛んできました。

2019/05/03 カモミールの花で吸蜜するミナミヒメヒラタアブ。カモミールの花はごくごく小さい。ミナミヒメヒタラアブは体長8mmから9mmです。カモミールを撮っていたらホバリングしながら現れて「私も撮ってください」と言っているように感じました。こういう小さな子たちを撮るときはいつもそういう感じです。大きな子たちの場合もですが・・・

2019/05/11 ヤグルマギクの花にミナミヒメヒラタアブ。ヒラタアブの仲間は幼虫のときアブラムシやカイガラムシを食べてくれるというので、オーガニックのガーデナーは大歓迎します。

2019/05/05 薔薇にやってきたフタホシヒラタアブ。後ろ足がお行儀よくそろっている様子がカワイイ。エンジェルファームは無農薬ガーデニングなので、薔薇にも様々な花アブ、花蜂、蝶、バッタたちがやって来ます。

2019/05/05 薔薇を撮っているとやってきたフタホシヒラタアブ。その右上に非常に小さな花アブ?が写っています。こんな小さな生命も薔薇の香りに誘われてやって来ます。

2019/05/04 カモミールの花にフタホシヒラタアブ。

2019/05/03 カモミールの花。フタホシヒラタアブあるいはナミホシヒラタアブでしょうか?。

2020/11/21 薔薇「うらら」にやって来たホソヒラタアブ(ピントぼけしていますが)。

2019/05/12 薔薇の花で吸蜜するホソヒラタアブ。

2019/05/13 薔薇にやって来たツヤヒラタアブ?

2019/05/13 花アブは日本だけで500種以上生息しているそうなので、名前がわからなくて当然かも知れません。

2016/04/13 ヤマブキの花で吸蜜する花アブ。

2013/04/04 この年の春、菜の花に来るはずのミツバチたちがやって来ません。やっと来たと思ったらアシブトハナアブでした。・・・そうやってミツバチのことを心配していたら、5月になってようやく菜の花にやってきたので安心しました。

2018/03/24 菜の花で吸蜜するアシブトハナアブ。

2017/11/16 ヤツデの花で吸蜜するシマハナアブ♀。

2017/11/16 ヤツデの花で吸蜜するシマハナアブ♀。ヤツデは古代、魔除けとして植えたそうです。10月から12月、花のないときに咲くので、ミツバチや花アブたちの貴重な蜜源植物となります。

2017/11/16 ヤツデの花で吸蜜するナミハナアブ♂。ヤツデは庭に一株植えるべき植物です。昔は便所のそばに植えてあった。ウジの殺虫剤として葉を使ったそうです。

2020/05/21 カモミールの花で吸蜜するナミハナアブ。

2020/05/21 カモミールの花で吸蜜するナミハナアブを拡大。頭頂眼(複眼の間にある3つの単眼)が撮れました。

2019/05/21 ヤグルマギクの花で吸蜜するナミハナアブ。カモミールやヤグルマギクといったキク科の植物に花アブたちがよくやって来ます。

2019/05/11 ヤグルマギクの花で吸蜜するナミハナアブ。

2019/06/05 ムシトリナデシコの花で吸蜜する花アブ。

2019/06/05 上記花アブ。

2016/05/21 バラの花で吸蜜する名称不明な花アブ。

2007/07/08 リスラム・パープルピンクにやって来たオオハナアブ(左)。右に小さいのが偶然写っていましたが、もちろん名前はわかりません。

2007/07/08 リスラム・パープルピンクで吸蜜するオオハナアブ。



2007/07/08 オオハナアブの頭頂眼が撮れました。

2020/05/13 オルレアの花で吸蜜する花アブ。青虫はそうではないけれど毛虫が少し危険な感じがするのと同様、毛があるだけで少し敬遠してしまいます。毒がありはしないか、棘のように刺さらないか、みたいな気持ちになります。そうやって天敵から身を守っているのでしょう。

2020/05/13 上記花アブのお尻。

2020/04/14 カモミールの花で吸蜜する花アブ。

2020/04/14 カモミールの花で吸蜜する花アブ。

2019/05/30 カモミールの花で吸蜜する花アブ。ハーブのタイムの花で吸蜜する花アブ。本当に多様なデザインがあるものです。

追伸

2019/03/02 梅の花で吸蜜するケブカクロバエ。人間の食べ物や生ごみ、動物の糞尿等を好み、病原菌を媒介する嫌われ者のイエバエとは異なります。

けれど花アブたちは蜂の仲間ではなく、実はアブの仲間ですらなく、ハエの仲間、ハエ類だそうです。どうりで蜜を吸うときに伸びる長い口(口吻・こうふん)や、眼の形がハエですね。

でもイエバエが大嫌いだからといって、ケブカクロバエや花アブまで嫌うのはよしてください。花アブたちは地球生態系のなかで花粉の運び屋さんという大切なお仕事をしています。

最近ミツバチやマルハナバチの確保が困難になってきて、かわりにヒロズキンバエというハエを導入するイチゴ農家が増えてきているそうです。蜂の働きをするハエという意味「ビーフライ」という名前がついています。
» ヒロズキンバエによる花粉媒介(ジャパンマゴットカンパニー)
» 「働きバエ」農家支える 授粉バチ不足の救世主?(日本経済新聞)