世界ミツバチの日
World Bee Day

「世界ミツバチの日」をご存知ですか? 
私は 去年(2020年)11月末にインターネットで [Bee] を検索していて見つけました。このような国際イベントが行われていることにショックを受け、そして歓びました。

ショックを受けたのは・・・2018年から行われているのに、このイベントのことを全く知らなかったことです。私が調べた限りでは、日本のマスコミはこの重要な国際イベントを報道していないと思います。インターネット上でもほぼ話題になっていません。

歓んだのは・・・このような国際イベントが生まれ、すでに2018年、2019年と続き、コロナウイルスの流行にもかかわらず2020年も継続されていることです。

2017年12月20日ニューヨークの国連総会で、5月20日を世界ミツバチの日として宣言する決議を全世界の合意により採択。

植物の花粉を運んでくれるミツバチのような昆虫は生態系にとって極めて重要な存在ですが、人間の現代文明の影響によって世界的に減少し絶滅危惧種とされるほどになっています。それは人間の食料となる様々な野菜や果樹やコーヒーや綿にとっても大きなダメージとなります。

ポリネーター(植物の花粉を雄しべから雌しべに運んで、受粉させる昆虫たちや他の動物)を失うことは生態系全体にとって巨大な損失となります。そのことは結局、私たちが生存しにくい地球環境になっていくということでもあります。そのために世界全体で協力して取り組む必要があるわけです。

下でリンクしましたDEUTSCHLAND.deのサイトには「全世界がミツバチのことを心配している The whole world is worried about bees」とありますが、日本は心配していない・・・というか、そもそもそういう現実があることを知らないひとが多いかも知れません。だからこそ、その現実を共有するために「世界ミツバチの日」に参加することが必要だと思います。

私たちはこの地に定住した2002年以来、この庭を観察していますが、あきらかにミツバチが減少しています。去年(2020年)はクロマルハナバチやコマルハナバチの姿をほとんど見かけませんでした。農薬、化学肥料、除草剤を使わない私たちのオーガニックの庭でさえそうです。

しかも去年、ショッキングな情報を目にしました。「ミツバチ98・9%ウイルスに感染 初の全国調査 日本養蜂協会」(2020年3月9日 日本農業新聞) 。こういう情報が国民に共有されていません。日本も緊急にミツバチたちの保護を考え行動しなくてはならない現状だと思います。

とにかく情報が少ないので自分でリサーチしてみることにしました。Googleの翻訳機能が進化してきたのでスペイン語でもアラビア語でもタイ語でもほぼ意味がわかります。 私たちも何らかの方法で参加したいと思っています。5月20日です。

» 「World Bee Day」のBeeという言葉について

国際連合(UN)

» 世界ミツバチの日

国際連合食糧農業機関(FAO)

» 世界ミツバチの日
» 2020年5月20日「世界ミツバチの日」、ローマを拠点とするFAOは「虫のホテル insect hotels」の創設を奨励。

国際連合環境計画(UNEP)


» 世界ミツバチの日
» 花粉交配者と農薬:私たちの蜂を安全に保つ

スロベニア

» スロベニア農林食糧省 : 世界ミツバチの日
» スロベニア養蜂家協会 : 世界ミツバチの日
» スロベニア養蜂アカデミー・農業研究所 : 世界ミツバチの日
» 【 マケドニア・カナル5テレビ 】リュブリャナの中心部はミツバチを救うための都会の庭になりました : 世界ミツバチの日には、スロベニアの組織がリュブリャナの中心部に蜜源植物を設置し、市民が家に持ち帰って都市のミツバチが食べ物を見つけるのを手伝うことができました。
都市の蜂を助けるために、世界ミツバチの日を記念して、A1スロベニアとグレイリュブリャナはリュブリャナの中心部を1週間で3,500本の蜜源植物がある都会の庭に変えました。彼らの意図は、歩行者に都市のミツバチを助けるように促すことでした。 彼らは12種類の植物の1つを家に持ち帰り、庭に移植したり、バルコニーに置いたりして、家に独自のミツバチのオアシスを作ることができました。

イタリア

» 【イタリア環境省】世界ミツバチの日
ローマ、2020年5月21日。「世界中で私たちはミツバチの日を祝いました。これらの並外れた花粉交配者、自然の守護者、そして私たちの生物多様性に光を灯す機会です」。これは、ミツバチに捧げられた世界デーの際に、セルジオ・コスタ環境大臣によって述べられました。
» 【グリーンプランナーマガジン】世界ミツバチの日:生物多様性のチャンピオンは誰ですか

クロアチア

» 【Agrobiz】ミツバチは生態系にとって重要です : 今日は世界ミツバチの日です。

オーストリア

» 【動物工場との関係】世界ミツバチの日は、5月20日に祝われます。
多くの野生のハナバチの種が絶滅危惧種のレッドリストに載っています。生態学的な観点から、野生のハナバチの絶滅はミツバチの消失よりもはるかに致命的です。したがって、保護措置は主に野生に生息するハナバチに適用されるべきです。ミツバチもこれから恩恵を受けることができるからです。
» 【オーストリアの食料雑貨店ホーファー】2019年世界ミツバチの日 : ホーファーは3000平方メートルのミツバチの楽園を計画しています
広い土地を色とりどりの花の牧草地に変えて、真の蜂の楽園を作りましょう。駐車スペースのほぼ自然な緑化は、支店でも試験的に実施されています。

ハンガリー

» 【アースデー財団】世界ミツバチの日・・・私たちの食べ物の未来は彼らにかかっています。 
世界中のミツバチは、農薬の乱用、集中的な単一栽培農業、気候変動による病原体の侵入、汚染、人口爆発、過剰消費、生物多様性の低下によって脅かされています。
» 【多様な田園地帯】 蜂なしでは人生もありません : 今日は世界ミツバチの日です

ドイツ

» 大きな影響を与える小さな生き物 
世界中のミツバチは、農薬の乱用、集中的な単一栽培農業、気候変動による病原体の侵入、汚染、人口爆発、過剰消費、生物多様性の低下によって脅かされています。
» 【多様な田園地帯】 蜂なしでは人生もありません : 今日は世界ミツバチの日です
» 4万匹以上のミツバチが生息する28階のホテル「ジュメイラフランクフルト」の屋上養蜂場 : 屋上養蜂場からの新鮮な蜂蜜を、朝食時、スパトリートメントの一環として、特製ドリンクとして、またはお持ち帰り用のギフトとしてお楽しみください
» 2020年 蜂のために何かをします!
» World Bee Day 小さな生き物にとって大きな日
» ★【フランクフルト持続可能性開発研究所】世界ミツバチの日を祝う! ミツバチのいない世界は考えられない
» 【ドイツ連邦共和国国営の国際放送局ドイチェ・ヴェレ】世界ミツバチの日:彼らを守ることは地球上の生命を守ることです
生態学的基準を尊重せず、農薬を使用する農業モデルのために、ミツバチは姿を消しています。花粉交配者が死ぬと、動物や人間の命が危険にさらされます。
» 【ドイツ連邦共和国国営の国際放送局ドイチェ・ヴェレ】ドイツ:草の代わりに野花のある草地
ドイツは、本当の意味で、よりカラフルになりつつあります。市内中心部の多くの道路や牧草地では、芝生の緑色だけが表示されなくなりました。黄色、白、青、赤の植物がたくさん咲いています。この傾向は、とりわけ自然保護者からの警告によって引き起こされました。昆虫は死にかけ、彼らと共に鳴き鳥です。したがって、年末までに、ドイツ政府は昆虫保護法も導入する予定です。
先駆者の一人は、ドイツに約600種ある野生のミツバチを保護するために、ベルリンでプロジェクトを担当している農学者のクリスティアンシュミットエガーです。そして、野生のハナバチがいるところには、カブトムシ、他の昆虫、そして鳴き鳥もいます。
野生のハナバチの最大の敵は、顕花植物やハーブを完全に欠いている理想的な英国の芝生です。シュミット・エガーは、そのタイプの芝生だけが一部の人々の目には「きちんと」見えると回想します。「住民と当局は抵抗します。ドイツでは秩序は非常に高い価値がありますが、その間に私たちはこの秩序で昆虫を駆除しています。」Schmid-Egger氏によると、地方自治体は「秩序の妄想」に惑わされるのではなく、草地を繁栄させる必要があります。そうすれば、昆虫はメニューに何か他のものを含めることができます。花の多様性が高いほど良いのです。野生のハナバチもいます。花粉の専門家であり、彼らは特定の理由でのみ植物を訪問します。
「ここで文句を言わないでください!」 野生のハナバチにとって、都会の美しさの古い理想だけが問題ではありません。隣接するシュプレーヴァルトの森で知られるベルリン近郊の住民6,000人の自治体であるヴェッチャウ市長のBengt Kanzlerは、2年前に「無農薬自治体」運動に参加しました。現在、ドイツ全土にこれらのグループが約500あります。農薬は害虫や雑草を殺すように設計されていると言われていますが、野生のハナバチなどの有用な植物や動物も殺します。農薬を使わないことに加えて、地方自治体はまた、牧草地が繁栄できるように草刈りの頻度を減らします。決定は否定的な結果をもたらさなかった、とKanzlerは報告します。逆に、削減量が少ない場合は、コストも少なくなります。
» 【ドイツ連邦共和国国営の国際放送局ドイチェ・ヴェレ】ハナバチ
ミツバチは、子供たちに花粉を与える昆虫です。約2万種あります。それらは果樹や野菜の80%を受粉するため、人間にとって不可欠です。ヨーロッパでは、農業での殺虫剤の過剰使用により、ミツバチが大量に死亡しています。
» 【シュヴァルツヴァルト自然公園】世界ミツバチの日のために:BURDAHOMEは新しい花の牧草地のスポンサーです
野生のハナバチ、蝶などを救うという点で何かが起こっています! 私たちのパートナーであるHuberBurda MedienのBurdaHomeメディアグループが、5月20日の世界ミツバチの日に間に合うように「BlossomingNaturePark」プロジェクトのために花の草地のスポンサーになったことを特に嬉しく思います。強力なメディアパートナーとの自然公園の協力あなたはそれを知っています。
誰もが昆虫の死の問題について話している。メディアはそれについて幅広い面で報道している。バイエルン州では、ミツバチを救うためにこれまでに州で最大の国民投票が行われ、バーデンヴュルテンベルク州で始まったばかりです。
メディアパートナーのBurdaHomeは、「私の美しい国」や「私の美しい庭」など、ほとんどの雑誌で3月に「#beebetter」キャンペーンを開始しました。私たちはメディアグループと協力関係を結んでいます。私たちは一緒にマルチメディアキャンペーンを使用して、昆虫の死の問題にさらに注意を向け、野生のミツバチや他の花を訪れる昆虫を救うためのイニシアチブを奨励したいと思います。

オランダ

» 【フォールスト自治体】5月20日は世界ミツバチの日です。この日は、ミツバチの重要性に注意を引くために国連によって世界中で宣言されました。オランダでは、この世界的なイニシアチブはBee Friends Foundationによって組織されています。
» 【メトロオンラインニュース】世界ミツバチの日、今でも可能だから。

スイス

» 【スイス農民協会】世界ミツバチの日:スイスの農業問題
生態学的パフォーマンス証明書(ÖLN)などの多くの農業政策措置がミツバチに利益をもたらします。すべての企業がその面積の7%を生態学的補償区域またはいわゆる生物多様性促進区域として専用にすることを要求しています。これらは、背の高い木、広大な牧草地、色とりどりの休閑地、生け垣などである可能性があります。これには、ミツバチが特に恩恵を受ける、退却と花のストリップまたは枯れ木も含まれます。
» 【グラールス24】2020年5月20日の世界ミツバチの日:ハミングゲストを楽しませる
一般の人々は、多くのメディアでミツバチが殺されているという事実に気づきました。その結果、多くの人々が養蜂に興味を持っています。過去数十年にわたるミツバチのコロニーの着実な減少は今や止まっています。
» 【森林、雪、景観に関する連邦研究所(WSL)】ミツバチの日:チューリッヒ市の野生のハナバチの驚くべき多様性
少なくとも野生のミツバチにとって、チューリッヒの街は砂漠でも生態学的な荒れ地でもありません。スイス原産の約600種の野生のハナバチのうち164種がそこで発見されています。
» 【商業園芸のインターネットポータルGABOT】5月20日-世界ミツバチの日-LidlSwitzerlandは、勤勉な小さなヘルパー(ハナバチ)をサポートするために、フラワーミックスの無料の小袋を配布します。
» 【ラ・コート】世界ミツバチの日を記念して、専門家は、整頓されていない庭はこれらのハナバチに大いに役立つだろうと考えます。
芝生ではなく開花する牧草地。整然としたきれいな庭ではなく在来種の生け垣や枯れ木など、住宅所有者はミツバチのために役に立つことができます。絶滅の危機に瀕している昆虫はハナバチだけではありませんが、生物多様性にかかっている危険の象徴となっています。寄生虫や殺虫剤は、花粉交配者としての貢献を危うくします。 そのため、国連は5月20日の世界ミツバチの日を作ることを決定しました。ベルン大学のBee健康研究所のPeter Neumannは、人々の美的理解の変化を望んでいると述べました。「蜂と蝶が賑やかになる花の牧草地は、近道の草よりもさらに美しい」彼は叫びます。

ボスニア・ヘルツェゴヴィナ

» 【健康と食品安全研究所】世界ミツバチの日 : 私たちは彼らの重要性をどれだけ本当に認識していますか?
» 【農業クラブ】地球上で最も重要な生物の1つである世界ミツバチの日を祝います
» 【アナドル通信社】 5月20日、世界ミツバチの日:ヨーロッパの花粉交配者の数は4分の3減少しました。
» 【OSLOBODENJE】今日は世界ミツバチの日です : 小さなミツバチ、その自然の素晴らしい驚異の失踪によって人間も消える。

チェコ

» 【チェコラジオ】5月20日-世界ミツバチの日。しかし、彼らはチェコ共和国で衰退しています。
» 【ラジオパトリオット】今日は世界ミツバチの日です。それらがなければ、人類は生き残れませんが、私たちは体系的にそれらを破壊し、私たちはまだそれらの希少性にほとんど気づいていません。
» 【セズナム】蜂の日を祝う方法は?ボウルに水を入れて!
ミツバチは科学者によって世界で最も重要な生物として宣言されています。それなしでは人類は生き残るチャンスがありません。私たちが宇宙に飛び、遺伝学や移植臓器と同じ高さで飛んでいるという事実にもかかわらず、私たちはミツバチを置き換えることはできません。アルベルト・アインシュタインは、ミツバチのコロニーが死んだら、人類は4年後に滅亡するだろうと言ったと言われています。この文章は有名な物理学者のどの著作にも保存されていないので、彼がそれを言ったかどうかは定かではありませんが、そのメッセージを見逃してはなりません。

ブルガリア

» 【ブルガリア国営ラジオ】2020/05/20 世界ミツバチの日を祝う
世界ミツバチの日を機に、ビオグラードソフィア協会がデジタルミュージアムプロジェクトを正式に発表します。これ は、カメラのシステムであり、オンラインでミツバチを監視するための特別なプラットフォームです。これにより、誰もが特定の日時(蜂の時間)にミツバチ博物館とその賑やかな居住者を携帯電話またはタブレットで見ることができます。したがって、興味深い蜂の世界は、ミツバチ博物館のすべての友人、特に学生が簡単にアクセスできるようになります。
» 【アメリカブルガリア財団】2017/04/03 ソフィアに最初のミツバチ博物館がオープン
ミツバチの博物館は粘土で作られた巣箱の形をした特注の家で、屋根にはミツバチのための草や花があります。博物館の中には、豊富な情報や写真とともに観察用の巣箱があります。特別なガラス窓を通して、訪問者は勤勉なミツバチがどのように生きているかを見ることができます。
» 【GHoney : 私の名前はガリン・ラチェフ。2009年の初めからミツバチを育てています】2019/05/20 国際ミツバチの日!
5月20日の世界ミツバチの日を宣言するだけでは、彼らや他の花粉交配者にはあまり効果がないことを理解する必要があります。それらの保存を目的とした主な作業はまだ行われるのを待っており、世界ミツバチの日はこの点で絶好の機会です。ほとんどの養蜂家や保護活動家は、すべての人にミツバチの状態を改善し、それによって人間の生存状態を改善するのを手伝ってもらいたいと思っていると思います。大きなステップは必要ありません。重要なのは、ミツバチの存在を促進する行動です!

ルーマニア

» 【AGROINTELLIGENCE】世界ミツバチの日:作物の84%が部分的または完全に花粉交配者に依存しています。
欧州環境・海事・水産委員会のKarmenu Vellaも、ミツバチの重要性を強調しました。「私たちの生活と未来の質は、自然が無料で提供する多数のサービスにかかっています。受粉は、これらの目に見えないが価値のあるサービスの1つです。したがって、私たちの重要な花粉交配者の一部が危険にさらされていることを知ることは非常に心配です!私たちが野生の花粉交配者の衰退の背後にある理由に対処せず、それを止めるために緊急に行動しなければ、私たちと将来の世代は本当に非常に高い代償を払うでしょう。」

北マケドニア

» 【情報コンパスTV】2019/05/20 世界ミツバチの日 : マケドニアはミツバチの保護に関与します
» 【オフリド・ニュース】世界ミツバチの日を記念してオフリドでマケドニアとスロベニアの朝食
ミツバチは自然界のプロセスだけでなく、人間の生存にとっても非常に重要です。それがなければ、私たちが知っているように人類は危険にさらされていると、オフリドのジブカ・アンジェロスカ市議会の議長は言いました。

ギリシャ

» 【カシメリニ新聞】世界ミツバチの日とコロナウイルス
野生動物とコロナウイルスなどの微生物が共存する自然環境を制限する人為的活動は、近年の新たな流行とパンデミックのほとんどをもたらしました。人が他人を無視して貪欲に生きる空間を求めるように、野生動物やそれらと共存する細菌もそうします。彼らは自分たちの生活空間を要求し、それが脅かされたときにそれに応じて反応します。生物多様性と持続可能な開発を維持するには、活力のある空間と自然環境が必要であり、ミツバチは生物多様性の保証人です。
5月23日は世界生物多様性の日であり、そのライフスタイルと社交性を備えたミツバチが、自然保護、持続可能な開発、生物多様性の確保の世界的なシンボルとして浮上します。
» 【protothema新聞】 世界ミツバチの日:なぜ私たち全員がそれらに依存しているのか。
» 【森林と環境問題に関する情報 dasarxeio】世界ミツバチの日:なぜ私たちはその生存に依存するのか。

トルコ

» デイリー・サバ : トルコの日刊新聞

フランス

» 【フランス財団】世界ミツバチの日2020
» 【フランス財団】ミツバチファンド Bee FUND
ミツバチを守るということは、人間を守るということでもあります。花粉交配者をより尊重する農業への移行を促進する。 今日、花粉交配者に対する集約農業の有害な結果を無視することはもはや不可能です。
» 【ミツバチの屋根】ミツバチのブログ : 今週の水曜日、5月20日、世界ミツバチの日を祝います。
» 【ガーデンマガジン 私の家の庭】 世界ミツバチの日:この絶滅危惧種を保護する方法は?
» 【VOBUE】ゲランはミツバチを保護する
» 【Newsweek日本版2019年10月24日】ゲラン、養蜂活動においてユネスコとのパートナーシップを発表・・・日本では、在来種である“ニホンミツバチ”の保護活動を支援

ポーランド

» 【農業とアグリビジネスに特化した情報および広告プラットフォーム WiadomościRolniczePolska】世界ミツバチの日
ミツバチや他の花粉交配者ぬきに世界的な飢餓を減らすことについて話すことは空論です。したがって5月20日は単なる蜂の日ではなく、緑の惑星のための世界的な運動、世界に食糧を提供するための運動になると私は信じています。人間の責任の下で、最終的に言葉から行動に移り、気候変動を止め、あらゆる種類の有害な農薬の使用を減らし、ミツバチを破壊するさまざまな害虫や病気と戦うための持続可能な対策の開発にもっと投資することが不可欠です。
» 【農業ニュース】今日は世界ミツバチの日です : これらの昆虫が生き残るのを助ける方法は?
» 【農業ニュース】ハニーガイド : 「ミツバチを愛そう、ハチミツを愛そう」
私たちがウイルスを恐れているとき、免疫力を強化するための昔ながらの方法を思い出しましょう。蜂蜜は私たちにとって最も有益な物質の1つです。だから健康を楽しみましょう・・・ミツバチを愛しましょう!

デンマーク

» 【デンマーク養蜂家協会】国連初の国際ミツバチの日
・デンマーク養蜂家協会は、友好的なイニシアチブで国連の国際ミツバチの日を支援することをすべての人に奨励しています。誰にとってもより友好的になることができます。
・ミツバチや他の花粉交配者の仕事は、生物学的多様性に積極的に貢献しています。世界中で、顕花植物の87.5パーセントが花粉交配者に依存しています。
・ミツバチや他の花粉交配者は、次のような結果として衰退しています。集約農業、農薬、病気、寄生虫、そして特に食糧と生息地の不足。
» 【デンマーク養蜂家協会】養蜂家のミツバチにやさしいアプローチ
» 【ヤンマーブクト】今日:国連「世界ミツバチの日」庭への無料植物の配布
2020年5月20日の国連の「世界ミツバチの日」では、パンドラップのトルベットに100の無料植物を配布することで、ミツバチの重要性に焦点を当てます。15:00から16:30まで。 あなたの庭にそれらを植えてください。たぶん小さな貯水池を作ってください。そしてあなたはすでに違いを生み出しています。自然を大切にすることの大切さを子供たちに見せなければなりません。同時に、花の美しい色と香りを楽しむことができれば、それは純粋な「自助の助け」です。

イギリス

» ミツバチの保護からバラの繁殖まで、これがロールスロイスとベントレーがコロナウイルスのロックダウン中に行ったことです(2020/05/15)
» 【INDEPENDENT】世界ミツバチの日2020:ミツバチを救うために必要なすべてのもの
» 【リーズ大学】世界ミツバチの日
キャンパス周辺の3つの養蜂場(巣箱のコレクション)に集まる蜂の巣のネットワークが大学で盛んになっていると聞いて驚かれるかもしれません。これらの巣箱に集まるミツバチは、キャ​​ンパス・ミツバチネットワークと呼ばれる学生とスタッフのボランティアの献身的なグループによって一年中世話をされています。
» ロールス・ロイス養蜂プロジェクト

アイルランド

» 【全アイルランド・ポリネーター計画】 世界ミツバチの日
» 【国立生物多様性データセンター】5月20日の世界ミツバチの日が近づく。新しい調査によると、アイルランドのマルハナバチの個体数は依然として減少している。
» 【アイルランド国際テレビチャンネル(RTÉ)】世界ミツバチの日:あなたの庭でミツバチをサポートする7つの方法
» 【Intel アイルランド】インテルは世界ミツバチの日を祝う
» 【アイルランド・エギザミナー(新聞社)】ダリナ・アレン(アイルランド料理の先生)との週末の食事:世界ミツバチの日。
バリーマロエ料理学校では、地元の養蜂家が世話をしているナシとリンゴの果樹園にいくつかの巣箱があります。蜂蜜とミツバチはどちらも非常に興味深く、蜂蜜の色、味、香りは、蜂が蜜を集める植物相を反映しています。ヘザーハニーは、混合花やリンゴの花、ツタ、菜種とはまったく異なる味と香りがします。・・・バリーマロエ料理学校の横にあるハーブと菜園は、無数のレタスとサラダの葉と食用の花で溢れています。庭園は日曜日を除く毎日一般に公開されています。・・・蜂蜜愛好家は、パリのヴィニョン通りのラ・メゾン・デュ・ミエル LA MAISON DU MIELへの巡礼をする必要があります。それは1898年に設立されました。フランス全土と世界中からの驚くべき蜂蜜の選択があります。 » バリーマロエ料理学校

ポルトガル

» 【エコロジー、進化、環境変化センター】5月20日の世界ミツバチの日を一緒に祝いましょう!
» 【LIPOR : ポルト大都市圏廃棄物管理サービス】生物多様性月間:世界ミツバチ、すべてのハナバチの日
5月中、ポルト大学の生物多様性と遺伝資源に関する研究センターは、リポールと協力して、昆虫の多様性と重要性に関する知識を促進します。
» 【Cofinaメディア】人間にとってのミツ​バチ重要な役割:「彼らは蜂蜜や他の不可欠な物質を生産する」
生物学者のホルヘ・パイバは、世界ミツバチの日に受粉する昆虫の役割を強調しました。・・・ホルヘ・パイバは、蜂蜜は古くから食品として、またいくつかの病気の予防に使用されており、人々はその化学組成に関連する「抗生物質の特性」を利用していると指摘しました。・・・ホルヘ・パイバ氏は、毎日の食事で他の食品に関連する蜂蜜と蜂の花粉を定期的に摂取していると述べました。
» 【リスボン : 欧州グリーン首都】ミツバチ、今日は彼らの日です!

スペイン

» 【LIPOR 都市間廃棄物管理サービス】生物多様性月間:世界ミツバチの日、すべての花蜂の日
» 【EFE VERDE】環境農業を促進し、花粉交配者に価値を与える、世界ミツバチの日の挑戦

フィンランド

» 【農林業生産者連盟(MTK)】生物多様性週間に参加しましょう! : 5月20日世界ミツバチの日、その日のテーマは食と健康。
» 【サノマメディアフィンランド】今日は、国連によって宣言された最初の世界ミツバチの日です。ミツバチのおかげで、人間の食べ物の5分の3が生まれます。

ノルウェイ

» 【NORLA】ハッピー・ワールド・ビー・デー!
» 【Beefuturesノルウェー】世界ミツバチの日2020。
» 【より健康な地球と生命のための環境ニュース : エコウォッチ】2016/07/25 世界初のアーバンビーハイウェイが花粉交配者の救済に貢献。
2015年、ノルウェーのオスロに本拠を置く環境グループであるByBiは、都市環境に住むミツバチをサポートする世界初の都市型ミツバチ高速道路(屋上緑化と花でいっぱいのルート)を設計しました。
» 【Facebook : オンライン環境ニュース : エコウォッチ】

スウェーデン

» 【ラジオスウェーデン】今日は2回目の世界ミツバチの日であり、ここスウェーデンで花粉交配者の週が始まります。
» 【Ebba】今週、世界ミツバチの日の注目を集めたハガ王家に、さらに大きな歓声が上がりました…。
» 【ヴァンサンカン】スウェーデンのエステル王女&オスカー王子、世界ミツバチの日に蜂についてお勉強。

ヨーロッパ共同体(EU)

» 【EFFECT】世界ミツバチの日:自然と人間にとってのミツバチの重要性
花が豊富な庭は、大規模な農業地域では達成するのが難しい植生期間全体にわたってミツバチに餌を提供するため、小さな庭でも誰でも小さなハチたちをサポートできます。ミツバチ、マルハナバチ、単独生活のハナバチ、その他多くの翼のある美しい生き物など、ハナバチのすべての種類を称賛して、多様なハナバチの日を祝いましょう。これらはミツバチではありませんが、私たちや他の自然にとって重要です。

ウクライナ

» 【ウクライナ特派員】世界ミツバチの日

ロシア

» 【科学ロシア情報局】世界ミツバチの日

カザフスタン

» 【MASSAGET】今日は世界ミツバチの日です
科学者たちは、ミツバチの生命に有害な5Gの使用に反対しています。科学者たちは、5Gテクノロジーの普及に反対しています。彼らによると、この種のコミュニケーションは人類と環境の両方にとって非常に有害です。・・・たとえば、4Gの普及により、ミツバチ、鳥、蝶の個体数が減少しました。 

エジプト

» 【エルバラドニュース】ミツバチのために働く : 世界ミツバチの日2020のスローガン。
生物的防除を促進し、農薬の使用を減らす花粉交配者のための政策を実施する必要があります。農民は、地元および科学の知識、経験、農場の多様化を統合する革新的な方法を使用して、ポリネーター(花粉交配者、送粉者)の多様性、健康を維持し、ポリネーターの食料と避難所の供給源を常に利用できるようにすることができます。そして私たちは国内および国際的な組織間の協力を強化する必要があります。送粉者と受粉サービスを監視、監視、評価するための学術および研究コミュニティとネットワークを強化する必要があります。
» 【サイエンティフィック・アメリカン】2020/02/05 突然の崩壊 : エジプトではミツバチは絶滅するのでしょうか?
エジプトの何百人もの養蜂家が近年挫折に苦しんでおり、養蜂場は多数のミツバチの死にさらされています。
» 【akhbarelyom.com】2019/11/11 エジプトのミツバチに刺されます : 世界の終わりが近づいています ・・・「絶滅」。
アル・ラビー大使は、「子供たちが家でミツバチを飼うのを民間部門が支援してほしい。オーストラリアでは養蜂のために教えられた資料がある」と述べ、子供たちを教育し養蜂について訓練する必要性を求めた。 彼は、この文化は、一方では経済的資源を達成するために子供たちに、他方では教育において、彼が小さなプロジェクトを持ち、それが社会に価値があると感じれば育てられると指摘した。

アルジェリア

» 【アルジェリアプレスサービス】ミツバチの衰退は世界の食料安全保障を脅かす。

セネガル

» 【SEN環境】地球上で最も重要な生き物 : ミツバチは今年5月20日に祝われました。
» 【COMMODアフリカ】セネガルの蜜蝋専門センターが輸出を促進。
セネガルのムバオにある蜜蝋処理センターは、日本の協力による資金で4500万FCFA(69,000ユーロ)の費用で建設されます。養蜂の生産、蜜蝋の輸出を増やし、セクターを専門化するのに役立つセンター。・・・センターの建設に加えて、日本はダカール地域の500人の女性のための技術訓練にも資金を提供します。 「日本の市場を含む国際市場での蜜蝋の需要はますます高まっています。蜜蝋は、実際、化粧品や製薬業界だけでなく、キャンドルの製造にも非常に有用な天然物です」と、セネガルの日本大使館、Keiko Egusa臨時代理大使は述べています。

モロッコ

» 【モロッコの電子新聞 LEVERT.MA】持続可能な農業開発を支援するミツバチ
農業開発庁(ADA)は、プロジェクト「モロッコのススマサ地域における農業生物多様性の保全のための循環経済アプローチ」の一環として、5月からの世界ミツバチの日を記念してミツバチ受粉サービスに関するフォーラムを開催しています。

スーダン

» 【スーダン通信社】世界ミツバチの日を祝う
ミツバチと花粉交配者をその豊富さ、多様性、健康への脅威から保護するために、農業と都市部の多様性のためのより多くの生息地を構築するための努力がなされるべきです。生物的防除を促進し、農薬の使用を減らす花粉交配者のための政策を実施しなければなりません。

ナイジェリア

» 【オンラインニュースポータル : オモイケ・マーシー】世界ミツバチの日:利害関係者はミツバチの保護を強化するよう求めています
ムハンマド・ブハリ農業大統領の上級特別補佐官であるアンドリュー・クワサリ氏はこう語った。「国連が私たちがミツバチを祝う日を作ったことはどれほど重要か想像してみてください。その前提で、私たちの惑星に対するミツバチの価値は計り知れず、強調しすぎることはできません」
» 【食料安全保障センター】養蜂家になるための課題
私たちは自然に対する態度を変えなければなりません。私たちは環境を保護しなければなりません。私たちは生物多様性を受け入れなければなりません。ミツバチは単一栽培のために空腹です。汚染は脅威であり、環境ホルモンや農薬も同様です。そして、これらのことは、ミツバチだけでなく人類に対する脅威でもあります。送信アンテナと風力発電機は特定の基準を満たす必要があります。
» 【環境ニュース ナイジェリア】絶滅危惧種ミツバチの生態系サービス、年間3,536億ドル相当。2020年の世界ミツバチの日は、すべての人間が花粉交配者に依存していることを思い出させるものでした。したがって、彼らの衰退を監視し、生物多様性の損失を食い止めることが重要です。祝賀会の焦点は、ミツバチや他の花粉交配者を保護するための対策を強化し、それによって世界の食糧供給に関連する問題の解決と、特に開発途上国における飢餓の撲滅に貢献する「BeeEngaged」への呼びかけでした。

エチオピア

» 【伝統への旅 エジプト(旅行会社)】5月20日:世界ミツバチの日。エチオピアの文学ではミツバチは一般的に奇跡と関連しています。
» 【Addisu Bihonegn : エチオピアのアムハラにあるアンダッサ家畜研究センターの養蜂研究者。ハラマヤ大学で畜産学の理学士号取得。バハルダール大学で養蜂専攻】
2020/10/20 養蜂の利点(パート2)。
2020/10/07 養蜂の性質と重要性
» 【アメリカBBCニュース】エチオピアの「ミツバチの父」の謎
Gosa Taffeseは彼の部屋に蜂の巣を持っており、昆虫は彼の旅行でも彼を追いかけます。エチオピアのオロミア地方の地元の人々から「ミツバチの父」と呼ばれている。彼は、なぜ昆虫が彼に引き付けられるのかは謎だと言います。
» 【地下のテーブル】森のハチミツ : 養蜂家とエチオピアの環境をサポート。
» 【地下のテーブル】食べ物、過激な愛、創造的な社会正義の物語。
» 【Forested Foods】森から独特の味を発見する ファーマーズから持続可能な方法で調達された森林栽培の食品。

ガーナ

» 【科学産業研究評議会グループ研究所】「世界ミツバチの日」:ブンブンはどこにいる?

ベナン

» 【ズームアグロ】第2回世界ミツバチの日:絶滅の危機に瀕している重要な資源にスポットライトを当てる。
農民は、蜂蜜やその他の収入を得ることができる製品を手に入れながら、ミツバチの受粉の恩恵を受けて生産を増やすために蜂の巣を持っている必要があります。「各農家は養蜂家にならなければならない」と、地元の蜂蜜需要と輸出ニーズを満たすために養蜂を優先することを嘆願するサルキ・ヤンタンノウは勧めています。

ケニア

» 【海外のミツバチ : 養蜂による貧困の緩和(英国慈善団体)】ケニアからのニュース : 世界ミツバチの日のお祝い

タンザニア

» 【ドドマ市議会】ミツバチの利害関係者は、ドドマに大きな市場を設立する必要があります
タンザニア連合共和国の元首相であるミゼンゴ・ピンダが、本日市内のニエレレ広場で開催された世界ミツバチの日のお祝いを締めくくる際に語った。・・・ミツバチの重要性についてコメントし、ミツバチ製品は食品、工業原料、医薬品であり、タンザニア人にとって養蜂を通じて大きなチャンスがあると述べた。 「タンザニアには年間138,000トンの蜂蜜と9,200トンの蜜蝋を生産する能力がありますが、現在の生産量は4,800トンの蜂蜜と324トンの蜜蝋であり、チャンスはまだ大きいです」とピンダは言いました。 以前、天然資源観光大臣博士のハミシ・キグワンガラ氏は、養蜂の文化が大幅に低下しているため、モチベーションが必要であり、政府は今年10地域から始まる養蜂協同組合を設立することを決意していると述べた。

コンゴ民主共和国

» 【地方分権化のためのジャーナリストのネットワーク(REJDEC)】全世界が5月20日を祝う:国際ミツバチの日

アンゴラ

» 【国連ニュース】国連機関は養蜂においてアンゴラのより多くのチャンスを見ています
国連貿易開発会議(Unctad)は、アンゴラが1950年代に世界最大の蜂蜜生産者の1つであったことを思い出します。
» 【デジタルアフリカ】樹木の伐採と火事がアンゴラのミツバチを根絶している
アンゴラの養蜂家は、国の一部の州での違法伐採と火災がミツバチの絶滅と蜂蜜の不足を引き起こしていると非難しました。

マダガスカル

» 【7deTable】世界ミツバチの日:マダガスカルの蜂蜜を発見する
マダガスカルはフランスの1.5倍ですが、島は非常に貧しく、集約農業はほとんどなく、自然はほとんど汚染されていません。したがって、蜂蜜はオーガニックです。・・・20のハチの巣を持っているマダガスカルの養蜂家は1日2ドルで生活し、貧困ラインから抜け出すことができます。50になると、彼は中産階級に入り、子供たちを学校に送ることができます。
» 【エコノミクスジャーナル】マダガスカルのミツバチ:好循環を再現する。
ヨーロッパのアマチュアが非常に求めている味のマングローブ蜂蜜は、非常によく育ちます。Compagnie du Mielは、このプロジェクトに資金を提供するために、80人の地元の養蜂家にクラウドファンディングを利用しました。
» 【TV5 MONDE】マダガスカル:森林破壊と戦うミツバチ
マダガスカルは世界的な生物多様性の温床です。その動植物の80%は固有種です。しかし、森林破壊はこの自然の富を脅かしています。約15人の農民が木材を切る代わりに養蜂を選んだアンジョゾローブの森で報告してください。

南アフリカ

» 南アフリカ政府 : 世界ミツバチの日を祝う

イスラエル

» ミツバチの個体数は世界中で減少している
» 【タイムズ・オブ・イスラエル】To bee or not to bee 国際蜂の日は花粉交配者の窮状を強調する
» 【農業、自然、環境のためのポータルシステム : 農村観光】全国ハチの巣ウィーク イスラエルの養蜂家は、国際ミツバチの日とシャブオット-農業の日を2週間(2020年5月20〜30日)祝います。蜂の巣は休日を過ごし、「紫色のキャラクター」の基準に従って蜂蜜と蜂の産業を知るための魅力的な活動を行い、蜂に会うように招待されます。蜂蜜を味わい、蜂の魔法の世界と野菜や果物の受粉におけるミツバチの重要性を体験して学びましょう

イラン

» テヘランタイムズ : イランの英字新聞

イラク

» 【キルクーク大学農学部】世界ミツバチの日を記念した科学シンポジウム
» 【non14news】世界ミツバチの日を記念して : イラクの養蜂家が聖地カルバラで祝う

シリア

» 【シリアトゥデイ】蜂蜜の生産量は、世界戦前の年間3,000トンから500トンに減少しました。
アラブ養蜂家連合のメンバーであるアブドゥル・ラーマン・クロンフレ工学部は、毎年5月20日に開催される国際養蜂デーの傍観者として、養蜂が直面する最も重要な課題の1つは、農薬投入の不適切な適用であると強調しました。巣箱と近代的な設備、病気と害虫の高コストと高コスト治療、捕食者、高い輸送費、養蜂家との畑と果樹園の所有者の協力の欠如、地理的に限られた地域でのミツバチの存在の多さ、弱い教育と継続的な訓練措置新しい養蜂家、近代的な設備の購入に資金を提供するための金融サービスへのアクセスの難しさ、これらの課題は重大であり、シリアの養蜂部門が農業GDPへの貢献を高め、政府の目標と目的を達成する能力を妨げることに注意。
この点について。 革命への声明の中で、クロンフレは次のように述べています。養蜂はシリアで何世代にもわたって行われており、地域のダイナミクスの5つの軸で農村コミュニティの生活に重要な役割を果たしています。第一に、それは収入を生み出す活動です。第二に、蜂蜜や他の製品のかけがえのない薬効。第三に、他家受粉や収穫量の向上などの重要なプロセスを促進することで農業活動を支援し、第四に、森林保全の取り組みに大きく貢献し、第五に、持続可能な生計に向けた生物多様性(昆虫と植物)間の健全なつながりを促進します。 セクターの現実に関して、クロンフレはシリアでの蜂蜜の生産は大部分が持続可能であると強調しました。生産された蜂蜜は補助食品として、医療目的で、そしてパーソナルケアや化粧品に関連するさまざまな産業に使用されているからです。

ヨルダン

» 【ヨルダン養蜂家組合】2020/05/20 世界ミツバチの日、ヨルダン養蜂家特定連合の会長からのメッセージ。
» 【ヨルダン養蜂家組合】 2019/05/23 世界ミツバチの日を機に、ヨルダン特定養蜂連盟の長であるアーメド・アルダウア氏がハヤトFMに登場。

アラブ首長国連邦

» 【アルアインニュース】世界ミツバチの日 : 生物多様性の守護者のお祝い
» 【今ニュース : ドバイの本社からアラブ世界に放送している衛星テレビ】FAOは世界ミツバチの日を祝う

サウジアラビア

» 【オカーズ新聞】今日、世界ミツバチの日を祝う
» 【養蜂家協同組合国際研修研究所】ビデオアルバム : 現代の養蜂コースの基礎への登録への扉を開く。

イエメン

» 【緑の夢:イエメンの環境の声、環境、気候、持続可能な開発の問題に関するニュースと情報の最高の情報源】世界ミツバチの日:5月20日
» 【アルワサト新聞】動画 : イエメンの蜂蜜は戦争の苦しみに苦しんでいます。  ページ中の動画は「動画を再生できません この動画には AFP のコンテンツが含まれており、要望によりこのウェブサイトまたはアプリケーションでの表示がブロックされています。YouTube で見る」と表示されますが、“YouTube で見る”をクリックすると見ることができます。
» 【国際的なアラブ新聞 アルアラビー】イエメンの蜂蜜 : 高い品質にもかかわらず戦争がその輸出を減少させています
・国が経験している戦争と経済危機は、養蜂と養蜂の高価格と繁殖コストの上昇により養蜂に直接的な影響を及ぼし、養蜂の数の減少と養蜂の損失につながりました。
・イエメンは、一方ではフーシと、他方ではサウジアラビア連合によって支援された政府軍との間で5年以上戦争を経験しており、それは農水産業に深刻な被害をもたらし、何百万人もの人々を奪いました。国全体が飢餓の危機に瀕しています。

オマーン

» 【オマーン通信社】スルタン朝は国際ミツバチの日を祝うために世界に加わります

カタール

» 【ルサイ新聞】自治体は国際蜂蜜の日を祝います : カタールの蜂蜜の平均年間生産量は10トン。
カタリ市環境省農務部のデータによると、カタールの蜂蜜の平均生産量は年間10トンであり、2013年の初めから、市はミツバチの養蜂の分野に関心を持っています。カタールの農場では、養蜂活動を発展させ普及させるプログラムを通じて、2016年に1037の巣箱が130農場に配布され、プログラムは蜂蜜生産を開発するための国家プロジェクトを通じて継続されています。養蜂家を支援するために省が設定した条件の中には、農場が生産的で違反がなく、杉の木、タマリンド、アルファルファなどのミツバチの牧草地があること。

カナダ

» 【フレンズオブザアース カナダ】世界ミツバチの日、カナダ人は野生の在来のハナバチをホストするよう呼びかけました。
世界ミツバチの日(5月20日)、フレンズオブザアースはカナダ人にマルハナバチやその他の野生の在来種のミツバチを飼育するために庭にB&B(Bee&Bee)を作るよう呼びかけています。 カナダのマルハナバチは、多くの在来植物にとって重要な花粉媒介者であり、トマトなどの特定の作物に導入されたミツバチよりも効果的なポリネーター(花粉媒介者)です。カナダ全土に40種以上のマルハナバチがいます。
「あなたの家とその庭は、COVID-19の間あなたの避難所でした。その避難所を在来のミツバチと共有するようお願いしています」と、フレンズオブザアース・カナダのCEOであるBeatrice Olivastriは述べています。「COVID-19により、私たちは食料安全保障と地元産の農産物の重要性をさらに認識できるようになりました」
» 【一粒の種を植え何が育つかを見る財団】世界ミツバチの日を祝う方法
» 【フルフォードアカデミー】フルフォードアカデミーは世界ミツバチの日を祝いました!
草を刈るのを待って、タンポポの花を芝生に残します。ハナバチ(bees)とハチ(wasps)
の違いについて子供たちを教育します。あなたが彼らを脅かさない限り、ハナバチはあなたを刺さないでしょう。ハナバチは恐れられるべきではありません。
ハナバチや他のポリネーター(花粉交配者)は、私たちの惑星で相互に関連する生命がどれほどあるか、そしてそれらのつながりを尊重し、それらを保護し支援するために私たちの力ですべてを行う必要があることを私たちに教えることができる生き物です。他人の生存と同じくらい私たち自身の生存のために。
» 【SaltWireネットワーク】ポリネーター(花粉交配者)を保護するとき。
今日食べたら、ミツバチに感謝します。 私たちの食べ物があるのは、ハナバチや蝶のおかげですが、その数は急減しています。5月20日は世界ミツバチの日なので、花粉交配者を保護します・・・ハナバチを瀬戸際から連れ戻します。

アメリカ合衆国

» BBC 世界ミツバチの日 2020
» 「世界中に飛び交う情報(蜂の羽音) : Worid Bee Day」National Honey Board on May 20, 2020
» 世界ミツバチの日を記念して、SASはミツバチを監視、保護、保存する3つの革新的なプロジェクトを発表しました
» 【カリフォルニア大学農業および天然資源】その話題を聞きますか?今日は世界ミツバチの日です!

メキシコ

» パルス・ニュース・メキシコ

ホンジュラス

» 【サモラノ大学】5月20日:ミツバチ保護のための世界デー

グアテマラ

» 【グアテマラのサンカルロス大学 研究総局】「彼らは量、多様性、効率の点で最も重要な花粉交配者です」:5月20日世界ミツバチの日
» 【グアテマラを代表する新聞 自由新聞】世界ミツバチの日:人類が飢饉の危機に瀕している理由
最も直接的な影響では、ミツバチがいないと、コーヒー、リンゴ、アーモンド、トマト、またはココアが死ぬ可能性があるとFAOは説明しました。「各国は政策を変更しなければなりません。花粉交配者に対して敬意と友好的な決定を下します。ミツバチを養うために家で花を育てることさえ、この努力に貢献する一つの方法です」
» 【BeeHubグアテマラ】世界ミツバチの日
グアテマラと全世界に存在する多種多様なミツバチを観察し、鑑賞するために、庭、バルコニー、または公園に出かけましょう。彼らのために花を植えましょう。彼らがそれぞれの花を訪ねている間、彼らと話をして、私たちに命を与えてくれてありがとう。

コスタリカ

» 【コスタリカ・ホリゾンテス・ネイチャーツアー】世界ミツバチの日は5月20日にその重要性を祝います
コスタリカのエコ旅行代理店であるHorizo​​ntes Nature Toursで、コスタリカの生物多様性について学び、環境のための持続可能なイニシアチブに参加することができます。彼らはコスタリカでのエコツーリズム活動を専門としています。
» 【Digital Panorama : 国立放送局のウェブサイト】世界ミツバチの日
数日前、エスパルザでこれらの昆虫が200万匹以上死んだことを知ったとき、私たちは5月20日、世界ミツバチの日を迎えました。 調査の結果、これらのミツバチの死因はフィプロニルと呼ばれる殺虫剤であり、ヨーロッパのいくつかの国で禁止されていることが明らかになりました。
» 【Rel UITA】ミツバチのハルマゲドン
コスタリカの国立養蜂室の会長であるフアンバウティスタアルバラドによって提供されたデータによると、1日あたり25万匹のミツバチ、つまり1年あたり約9,200万匹のミツバチが死亡しています。 2020年にはこれまでにすでに8000万匹以上の死んだミツバチがいます。 これは、生物多様性の損失、食糧生産の減少、そして将来の悲惨と飢餓のシナリオを意味します。 毎日約18億本の花が受粉プロセスに入らず、毎年50トンの蜂蜜が少なくなります。つまり、養蜂家にとっては約4億5,000万コロン(75万ドル)少なくなります。 コスタリカのアピスミツバチの8%が10年前に飼育されていたロスサントス地域(約3,000の巣箱)では、少なくとも2億2,000万匹のミツバチ、つまり人口の73%が死亡し、77%の減少に相当します。ミツバチの生産で。 「それは真の大惨事であり、ミツバチの真のハルマゲドンです。そして、それは失われた蜂蜜の生産だけではありません。蜂蜜は輸入できますが、受粉はできません」とアルバラドは言いました。 FAOによると、世界の食用作物の75%は受粉に依存しています。
» 【DELFINO】コスタリカの養蜂家が発言:農薬は1日に25万匹のミツバチを殺す
私たちの国のミツバチが経験しているのは、その結果が予測可能な真の大惨事です。生物多様性の喪失、食糧生産の減少、飢餓、そして最終的には死です」と養蜂の振興のための国民会議所のバウティスタ・アルバラドは言いました。・・・私たちはすでにフィプロニルをコスタリカのミツバチの恐怖と宣言すべきです。恐ろしいフィプロニルに加えて、私たちはミツバチのための非常に有毒な農薬のグループを持っています、そしてそれらはネオニコチノイドと呼ばれています」とバウティスタは批判しました。

ジャマイカ

» 【ジャマイカのマスコミ : ジャマイカ・オブザーバー】ミツバチの個体数の減少は、世界の食料安全保障、栄養を脅かしています— FAO
» 【Loopニュース】2020/05/20 あなたの庭でこれらの植物を育てることによってミツバチにいくつかの愛を与えてください

ドミニカ

» 【metroドミニカ】人類を救いたいのなら、ミツバチから始めなければなりません。
「人類とミツバチの運命は密接に絡み合っています」と、サセックス大学の生物学教授であり、このテーマの専門家であるデイブ・グールソンは、メトロのインタビューで次のように説明しています。「ミツバチやハエ、蛾、甲虫などの他の昆虫による受粉なしに世界の70億人を養うことはできません。 栄養価の高い野菜や果物のほとんどを含む食品の約3分の1は、花粉交配者に依存しています。」
» ★【ドミニカ共和国で唯一のプレススクールプログラム Plan LEA】5月20日、世界ミツバチの日を祝います。
ミツバチと養蜂家が農業生産にかなりの程度参加していることは今や議論の余地がありません。この役割のおかげで、養蜂家の私的遺産は公的遺産になります。彼らの仕事から得られる利益がコミュニティ全体で感じられ、養蜂、環境、農業、人間の間に相互の絆が確立され、保護されなければならないからです。 国連総会で指定された世界ミツバチの日(5月20日)のお祝いの枠組みの中で、私は自然を愛することを学び、世話をして恩返しをするこの若者の意識的で責任あるイニシアチブを認め、称賛したいと思いました。それが受け取る成果と利益に専念する。

キューバ

» 【CanalCaribe│キューバニュースチャンネル】世界ミツバチの日:フィールドの女王に感謝する6つの理由
» 【ラジオ Rebelde】ミツバチにも世界の日があります

チリ

» 【チリの持続可能な開発評議会】世界ミツバチの日
» 【codex verde (チリに関連するニュースを対象とした、環境と持続可能な開発の問題に特化したメディア)】世界ミツバチの日:チリの3つの在来種に会う
» 【全国養蜂ネットワーク】5月20日世界ミツバチの日
「チリだけでなく世界中で開催されるイベント。私たちが今日結集する理由を知りたいですか?」
» 【DESAFÍO TIERRA】世界ミツバチの日「チリでは、農業の基本は養蜂です」:なぜミツバチは人間にとって重要なのですか?

アルゼンチン

» アルゼンチン養蜂家協会(SADA)が世界ミツバチの日のお祝いに参加
» 【ウィークエンド・アルゼンチン】世界ミツバチの日:なぜそれは地球上でそれほど重要な昆虫なのか
» 【世界銀行グループ・ブログ】2019/06/05 チャコのミツバチの避難所
FAOによると、アルゼンチンは世界の3つの主要な蜂蜜輸出国の1つです。 しかし、ミツバチは持続不可能な土地利用慣行に屈し、生息地の喪失につながり、気候変動や外来種の侵入などの脅威の中でも、有害な農薬の使用を奨励しています。これは、ミツバチが花粉交配者として行う重要な仕事を混乱させます。花粉交配者の個体数の絶え間ない減少は、農村の生計、食料安全保障、自然保護に影響を及ぼします。・・・「Honeys for Conservation」イニシアチブは養蜂、より具体的には在来種のミツバチの繁殖を促進します。先住民族に先住民族に認識され、刺さないハチであるメリポナは、経済的にも生物学的にも希望の源です。 ヨーロッパのミツバチよりも小さくて強いこのミツバチは、高品質の蜂蜜を生産し、この地域のクレオールとコムの人々に代替の収入源を提供する可能性があります。

ブラジル

» 【ブラジルミツバチ研究協会(ABELHA)】5月20日 世界ミツバチの日 » 【オールフルーツ】5月20日、世界ミツバチの日が祝われます。
ブラジルのミツバチ研究協会は、ミツバチや他の花粉交配者を保護するためのネットワークの構築を主導することを目的としています。その使命は、ブラジルの生物多様性の保全と、ミツバチや他の花粉交配者との調和のとれた持続可能な農業の共存を目的とした科学に基づいた情報を収集、作成、普及することです。 生産性と品質 農民にとって、その使用は好奇心を超えています。オレンジ、トマト、リンゴ、グアバ、パッションフルーツ、その他31種類の野菜食品の生産者は、これらの花粉交配者の重要性に気付いたときに最大の受益者になる可能性があります。
» 【ブラジルミツバチ研究協会(ABELHA)】5月20日-世界ミツバチの日
» 【アメリカBBCニュース】2019/08/20 ブラジルで3か月で5億匹のミツバチが死んだ理由
米国では、養蜂家が過去1年間にミツバチのコロニーの10分の4を失い、記録上最悪の冬になりました。 ロシアでは、20の地域でミツバチの大量死が報告されており、当局はまた、蜂蜜の生産量が20%減少する可能性があると警告しています。 2018年11月に南アフリカで少なくとも100万匹のミツバチが死亡し、フィプロニルが非難されました。 また、カナダ、メキシコ、アルゼンチン、トルコなどの国々も、過去18か月間にミツバチの大量死を報告しています。
» 【アメリカCBSニュース】2019/08/19 ブラジルでは3か月以内に5億匹以上のミツバチが死亡しました。
研究室の研究では、ネオニコチノイドとフィプロニル(ヨーロッパで禁止されている製品)を含む農薬が、ブラジルのほとんどのミツバチの主な死因であることが指摘されています。グリーンピースの発掘によると、これらの殺虫剤の使用は、ミシェル・テメル前大統領と現在のジャイール・ボルソナロ大統領の下で急増した。 発掘された調査によると、わずか3年間で、欧州連合で禁止されている化学物質を含む193の除草剤と農薬がブラジルで登録されました。ブラジルは世界最大の農薬購入者になりました。 ブラジルでは今年、ミツバチの大量死が発生しましたが、農薬とミツバチの個体数の減少との関連については長い間研究されてきました。ハーバード大学で調査された2014年には、農薬が米国のミツバチの個体数を殺すのに重要な役割を果たしていることがわかりました。

ボリビア

» 【森林センター】世界ミツバチの日2020に「参加」しました : ボリビアでは、養蜂が森林を保護しています。
ボリビアのユンガス領域クールドフォレ、世界的な生物多様性のホットスポットの中心で森林保全に努めています。森林破壊が本格化しており、生物多様性が脅かされています。問題は?鉱業、木材の売買、しかし何よりも、コカの単一栽培は、この地域の生産者にとって重要な収入源であり、この地域の森林破壊の主な原因です。
ボリビアの生産者にとって、養蜂は成長するコカの持続可能な代替手段です。蜂蜜は付加価値の高い製品であり、その生産と現地消費はボリビア人によく知られています。したがって、生産者の潜在的な収入は、周囲の森林を保護し、コカで大量に使用される農薬の使用を減らす必要がある、このより持続可能な生産への転換を動機付けるのに興味深いものです。アグロフォレストリー作物でのミツバチの育種は、ハチの巣が近くにあるため、コーヒーの花や柑橘系の果物の受粉を促進するため、さらに興味深いものです。

コロンビア

» 【持続可能性】蜂:世界の食料安全保障を保証するための鍵

ベネズエラ

» 【雑誌SEMANA】世界ミツバチの日
» 【デジタルメディアTODOS AHORA】ベネズエラの養蜂、衰退する貴重な仕事
世界ミツバチの日をテーマに、ラウル・カサノバ博士によるベネズエラの養蜂の発展についてお話しました。この地域のレファレンススペシャリストは、この貴重な地域での彼の経験、国レベルでの開発方法、数字、データ、知っておくべき情報について話してくれました。
» 【FUPROSOMUNIC】ミツバチへの取り組み : 5月20日世界ミツバチの日
「現在、養蜂プロジェクトを開発しており、農場の生物多様性に貢献し、プロジェクトに参加する女性の収入を得ています。年間200リットルの蜂蜜を生産する16の巣箱があります。エコソーラーセンターで受粉を確実にカバーできるように、各巣箱を戦略的に配置しました」と財団コーディネーターのメルセデス・アルバレスは述べています。
» 【ラテンアメリカと世界のためのベネズエラの最初の有益な農業ウェブページ : Mundo Agropecuario】

ウルグアイ

» 【EL OBSERVADOR】世界ミツバチの日 養蜂箱が急激に減少する恐れ。現在ウルグアイには56万の養蜂箱がありますが、毎年30%が失われている

エクアドル

» エクアドルはミツバチの利点に精通する。今日は世界ミツバチの日です。【El Telégrafo】
» ロハ国立大学(UNL)は世界ミツバチの日のためにイベント「養蜂家としての日」を開催しました
» 世界ミツバチの日の今日、養蜂家はミツバチの不足による作物の損害を警告します。【EL COMERCIO】
» [農業ニュース] 養蜂、甘いビジネス : 世界ミツバチの日は5月20日【El Productor】

国際ラテンアメリカ養蜂連盟(FILAPI)

» ミツバチは消えつつあります。5月20日の世界ミツバチの日に、ラテンアメリカ養蜂連盟とそのメンバー組織であるブラジル、チリ、キューバ、メキシコ、パラグアイ、ペルー、ウルグアイ、アルゼンチン、およびラテンアメリカの200以上の組織、集団による集会が開催されます。
» ミツバチを守るための行動 ラテンアメリカとカリブ海 | ブエノスアイレス アルゼンチン 2020年5月20日

ネパール

» 。【カロバール新聞】2020/05/06 世界を救うためのミツバチの保護国連は毎年5月20日を国際蜂の日として祝います。今年もこの日(月曜日)は、世界中でミツバチを救うというオリジナルのスローガンで祝われています。この日は今のところネパールでは祝われていません。今年、ミツバチを救う運動家たちは、「ミツバチを救い、世界を救う」というスローガンでその日を祝っています。

パキスタン

» 【NEWS】世界ミツバチの日と人類の生存のための対策の必要性
人工農法をやめ、自然農法を採用しなければなりません。農薬、除草剤、その他の農薬の使用は避け、ミツバチの巣箱は可能な限り保護する必要があります。
» 【Tribalプレス】世界ミツバチの日は今日世界中で祝われます
政府は環境を緑にする木を植えるべきであると言います。同時に、ミツバチのニーズを満たす、そしてハチミツが得られる特定の既存の木の伐採を厳しく禁止します。・・・コーランの中で、全能のアッラーは「われらはハチミツで癒された」と言っています。

インド

» 【クリシジャグラン】世界ミツバチの日:養蜂企業と農薬
» 【ファーストポスト】2019年世界ミツバチの日:ハニー、私たちは(数の)ミツバチを縮小しました、私たちはそれらを戻さなければなりません
» 【国立生物科学センター】世界ミツバチの日スペシャル
世界ミツバチの日に参加して、NCBSのハニービーラボのアクセルブロックマン博士と環境映画製作者のエレファントコリドーフィルムズのラジャニマニと会話し、インドの在来ミツバチの魅力的な世界、彼らが直面する脅威について調べてください。
» 【ヒンドゥ】世界ミツバチの日のミツバチの恩恵
コロナウイルスの封鎖により、デリーはさまざまなハナバチの個体数の増加を目撃しています。
» 【タイムズオブインディア】ゴアで世界ミツバチの日を祝う

バングラデシュ

» 【Prothomalo】今日は世界ミツバチの日です : 蜂、蜂、どこへ行くのか・・・
» 【バングラデシュのグローバルユース生物多様性ネットワーク】2020年5月ミツバチの日

スリランカ

» 【セイロン Today】Let them Bee
» 【HIRU NEWS】今日は世界ミツバチの日です。
» 【SBS タミールラジオ】World Bee Day
» 【セイロン社関連新聞】ミツバチがいなければ、人間の生活は終わります : 今日は世界ミツバチの日です

フィリピン

» 【ビジネスミラー】世界ミツバチの日:ミツバチは蜂蜜、ざわめき、刺痛だけですか?アセアン生物多様性センター(ACB)の事務局長であるテレサムンディタS.リム博士は、ミツバチや他の花粉交配者を救うために、世界的および地域的な取り組みが進行中であると述べた。彼女は、花粉交配者の保護と持続可能な利用を優先事項としている国連生物多様性条約(CBD)を引用しました。
» 【月刊農業】世界ミツバチの日を祝って無料のオンラインウェビナーを開催する養蜂家
マニラのサンタアナに住む都会の養蜂家であるデラ・クエスタが主催する一連のオンライントークは、意欲的な養蜂家を鼓舞し、消費者に蜂蜜について知らせ、養蜂家が養蜂にもっと従事するように促すことを目的としています。
「昨年5月20日は世界ミツバチの日の3年目だったので、私は個人的にイベントを概念化して企画しました。過去2年間、フィリピンでこの重要なイベントが祝われたことを私は知りませんでした。さらに、この2020年はパンデミック。だから私は仮想のお祝いを考えつきました」とデラ・クエスタは語りました。

カンボジア

» 【モンドルキリ・ナチュラルワイルドハニー】今日は蜂の日! : ハッピーワールドビーデー! 今日は世界ミツバチの日です!私たち全員がミツバチを救うために自分の役割を果たしていることを確認してください!!!

ラオス

» 【ファカオラオ】世界ミツバチの日 5月22日

ミャンマー

» 【VOA NEWS】世界ミツバチの日
» 【ミャンマー デジタルニュース】世界ハニーデー。ハチミツとミツバチ製品展示会

タイ

» 【マティチョンオンライン】農業普及局長 タイの養蜂産業が依然として強いことを明らかにする ASEANで2位、世界で36位の輸出国であり、ミツバチのための大規模な農業プロジェクトで6億1600万ドルを生み出しています。安全な農業原理を備えた開発モデルです 2020年5月20日世界ミツバチの日を祝う
» 【チェンマイ大学農学部】 「世界ミツバチの日」の展示会に参加しました。

マレーシア

» 蜂の巣を救う

シンガポール

» 【サイエンスセンター シンガポール】世界ミツバチの日
» 【Cicada Tree Eco-Place | 2006年に5人のシンガポール人のグループによって共同設立され、ボランティアの教育者、保護活動家、環境保護活動家、エコアーティスト、野生生物活動家の支援を受けて、翌年の2007年に正式に登録】2020年世界ミツバチの日–忙しいミツバチがいなければ、私たちはどこにいるのでしょうか。

インドネシア

» 【インドネシアのオンラインメディア Kompas.com】昨年以来、5月20日は世界ミツバチの日として祝われています。これは、地球の生命にとってのミツバチの大きな役割から切り離すことはできません。ミツバチは、さまざまな植物の繁殖を助ける天然の花粉媒介者の1つです。

» 【Mainmain】「世界ミツバチの日を単なるお祝いの瞬間にしたくない」とコズムス氏(スロベニアの養蜂家)は語った。「私たちはこの日を、ミツバチが非常に重要であることを人間に思い出させるためのツールにしたいと思っています」

オーストラリア

» ミツバチの日 オーストラリア
» 世界ミツバチの日を祝いましょう
» 【オーストラリア政府 国際農業リサーチセンター】世界ミツバチの日が飛ぶ

ニュージーランド

» 【スクープメディア】世界ミツバチの日。
世界ミツバチの日は、私たちの惑星とその人々の健康に対するミツバチや他の花粉交配者の決定的な重要性の認識を高めるために国連によって設立されました。多くの国でミツバチの個体数は減少しています。病気、害虫、気候変動、集中的な農業慣行の影響を受けていますが、ニュージーランドではミツバチの個体数は健康で増え続けています。
» 【ブログ「TheBuzz」】世界ミツバチの日。
ミツバチはニュージーランドとニュージーランド経済にとって非常に重要です。あなたが思っているよりもはるかに重要です!ミツバチがいなければ、私たちの庭には多くの植物や花がなく、私たちの主要な農業輸出産業(約50億ドル相当)は深刻な問題に直面するでしょう!私たちの食べ物の少なくとも3分の1は受粉のためにミツバチに依存しています。この食べ物は私たちのカロリーの35%、ほとんどのミネラル、ビタミン、抗酸化物質を提供します。私たちのミツバチが消えた場合、私たちの栄養食品の摂取量、ひいては私たちの健康はどうなりますか?アルバート・アインシュタインは、「ミツバチが地球の表面から姿を消した場合、人間はあと4年しか生きられないだろう」と述べました。
» 【ワナカの太陽 : ワナカのコミュニティ新聞】羊の世話をするように:ミツバチの巣をのぞくミツバチの日
ニュージーランド養蜂最高経営責任者であるコス氏によると、この世界ミツバチの日には、ニュージーランド人がミツバチや養蜂家を支援する方法はたくさんあります。彼女は人々に彼らの庭に蜂に優しい植物を植えるように勧めました、特に蜂がしばしば食物を見つけるのに苦労する秋と早春に咲く植物。
コスは、ミツバチを支援する最善の方法はニュージーランドの蜂蜜を買うことだと付け加えた。「地元の店をチェックするか、地元の養蜂家を見つけて、ニュージーランド全体で蜂蜜の味が大きく異なるため、地元の蜂蜜の味を発見することをお勧めします」とコス氏は述べています。

モンゴル

» 【i NEWS】世界ミツバチの日に捧げる : ミツバチ社会の重要性
ミツバチが今日も生息地を失い続けているという事実は、将来さらに害をもたらす可能性があります。 したがって養蜂を支援することは非常に重要です。
» 【ZOGII】今日は世界ミツバチの日です。
今日、世界のミツバチの個体数は減少しており、絶滅の危機に瀕しています。また、農業における農薬の過剰使用、一部の寄生虫の制御不能な成長、気候変動、および人間の管理ミスにも直接関係しています。さらに、科学者たちは、この現象が続くと人類の破壊につながると信じています。

中国

» 【レッドネット】世界ミツバチの日丨知っていますか!これらの勤勉なハニースミスは、侵略的な外来種でもあります!
中国蜂製品協会は2020年のお祝いのテーマ「蜂の健康メッセンジャー」を発表し、古代の昆虫である蜂の生態学的および生態学的な価値を再検討するよう人々に促しました。
» 【中国農業科学院農業情報研究所】「世界ミツバチの日」のお祝いが無事に開催されました
» 【網易 NetEase】世界ミツバチの日が設定されているのはなぜですか?世界ミツバチの日の起源
» 【緑色和平】世界ミツバチの日 : アーティストのAvaRothがミツバチと協力して、世界で最も美しいハチの巣を作ります

台湾

» 【公視新聞網】世界のミツバチの数が急減し、国連が世界ミツバチの日を設定
» 【環境情報センター】世界ミツバチの日 : ミツバチにやさしい世界。ミツバチのコロニーが崩壊する困難を乗り越えられるよう助けてください!
» 【チャイナタイムズ】520世界ミツバチの日にやさしい田んぼが賑わう
アインシュタインはかつて「ミツバチが消えれば人間は死ぬ」という警告メッセージを発したが、人間はこのメッセージを真剣に受け止めなかった。近年、台湾のミツバチのコロニーが徐々に消滅していることを考慮して、台東県池上郷の若い農民であるウェイ・ルイティングは、最近、友好的な田んぼの隣に小さなミツバチを発見し、写真を撮ってネチズンと共有しました。
» 【ETファッション】「520世界ミツバチの日」に美容メイクが対応期間限定割引15%オフ

韓国

» 【韓国養蜂協会】世界ミツバチの日
» 【濃縮流通新聞】持続可能な養蜂産業の未来を模索しよう
オランダ大使館と養蜂農協は、来年(2021)4月2日にオランダ - 大韓民国修交60周年を記念して「未来の養蜂産業」をテーマに、オンライン討論会を開催する計画であり、世界のミツバチの日の5月には、オンラインの共同広報を進める方針だ。
» 【デジタル朝鮮日報】5月20日の「世界ミツバチの日」。生態系の守り、ミツバチを守ってください!
» 【韓国放送公社 KBS NEWS】「世界ミツバチの日」をご存知ですか? » 【新亜日報】世界ミツバチの日記念、蜜源木植樹イベント開催
» 【PromotePollinators】韓国は2020年にPromotePollinatorsに参加しました。

日本

» 【日本国外務省ツイッター】世界ミツバチの日
今日5月20日は、国連が定めた #WorldBeeDay(#世界蜂の日)。ええ、あるんです、そんな日が!養蜂が人類の生活に大きく貢献することなどが評価され決定。何でも蜜蜂は世界的に減少しているとか。蜂蜜や他の花粉媒介者を保護する重要性を考え行動をとることが求められています

» 【日本経済新聞】2020/5/29 SAS、ミツバチを監視・保護・保全するための3つの革新的プロジェクトを発表。
SASは「世界ミツバチの日(World Bee Day,5/20)」を祝して、テクノロジーにより全世界の花粉媒介者の個体数を監視、追跡、改善する3つのプロジェクトを明らかにしています。

「世界ミツバチの日」について、私が検索した限りでは、日本政府、自治体、企業、大学、養蜂会社、農業、園芸、報道機関の分野からの発信はほぼありませんでした。調べ始めたのは2020年11月末、現在は2021年3月3日です。