[復刻版]バッタの赤ちゃん
Baby of the grasshopper

このバッタの赤ちゃんの写真を撮ったのは、2006年8月2日朝8時台のことでした。それから8年後に、ブログでこの写真を話題にしました。2014年5月18日のブログです。以下それを復刻します。


この写真のことずっと忘れていました。
昨日、ヴィラモが思い出して、素晴らしかったと言う。

ブログに載せていただろうと思って探すも見あたらず、過去の写真をいろいろ探しているうちにやっと見つかりました。この写真、なんと2006年8月2日朝8時14分、8年も前に撮ったものでした。

8年前のことですがこの時のこと、よく覚えています。
エンジェルファームの古い蔵の前に置いていた藤編みのカゴに、生まれてまもないバッタの小さな赤ちゃんが並んでいるのをヴィラモが見つけました。
ヴィラモは大声で私を呼び、私は大慌てでカメラをとってきました。


こういう瞬間は自然のなかに暮らしているから遭遇できるのであって、撮影したいと自然のなかに出かけても撮れるものではないと昨日、ヴィラモは言いました。確かにそうです。けれど自然のなかに暮らしていてもなかなかこういうタイミングに出くわさないし、出くわしてもすぐにカメラが用意できるともかぎりません。

カメラをとりにいっているうちにチャンスを逃してしまいがち。そういう意味では、これは私たちにとって貴重な、というか奇跡的な写真です。というのもあれから8年間、私たちはこの同じシーンに出くわすことはありませんでした。

昨日、ヴィラモは「エンジェルファーム・ガーデンアルバム」みたいな感じでまとめられないかと言いました。自然を体験すること、自然から学ぶこと、それが私たちのヒーリングの仕事の根底にあります。自然観察は私たちの基本的なライフワークとなっています。

私は素人の技術と素人用のカメラしか持っていないのですが、自然のなかに暮らしているから発見できるものを、私たちの角度からシェアしたいと思います。

2014/05/18

上のブログを書いてからまた5年8カ月が流れました。やはりこのような写真は撮れませんでした。トータルして13年5カ月撮れなかったことになります。

2020/01/25