ハートから始める

ハート瞑想®はセドナ在住の3人の素晴らしい瞑想ティーチャー・・・リーラ、プラサード、アルヴィナによって創造されました。ハート瞑想®は“気づき”を広げ“今ここ” にもたらすことで、この瞬間に何が起こっていても気づいています。そして自分は本当は誰なのか?に気づくと、人生をもっとくつろいで創造的に生きることができます。

または、感情を感じなくする戦略として暴飲暴食、過剰なショッピング、忙しくしたり、人を非難したり責めたり、長時間のゲームやPCの操作などで痛みを鈍麻させています。これは現代の文明の病であり、感情を鈍麻させるとそれは大きくなって強烈になり、圧力を持つようになります。


ハート瞑想®

ハートから聴く
ハートを感じる
ハートを観る
ハートの直観
ハートによる変容
愛の眼の瞑想

各瞑想がハートの多様な美しさ、多様な側面を観せてくれます。ハート瞑想®を継続していくことで今までとは違った新たな物の見方や感じ方が始まり、ハートの経験が深まっていきます。ハートへの信頼が深まっていきます。それはとてもくつろぎに満ちた生の歩みです。

以下、六つの瞑想の要点のみ記述します。

ハートから聴く

ハートから聴くことは “今、ここ”へと連れもどしてくれます。過去を引きずることによる苦しみ、疑い、怒り・・・未来を想うことによる不安、心配、恐怖・・・そうした過去や未来の重荷を降ろして“今にくつろぐ”ことができます。

“今にくつろぐ”と、あるがままを受容できるので、物事を良い悪いと判断することなく、自分の内なる声や他者の声に、もっと耳を傾けることができます。そして、ハートから聴くことで自分や他者をより深く理解することができます。

そうすることで、今まではストレスや緊張でいっぱいになっていたかもしれない生に調和が生まれ、自分自身や人間関係、仕事や家庭内に、くつろぎと平和がもたらされていることに気づくでしょう。

私個人的には、ハートから聴くことは人間に与えられた内なる美しい知性だと理解しています。クリエイティブな解決への大切なステップであり、さらに深い沈黙への扉を明ける経験だと感じています。

ハートを感じる

感じることは、よりハートの存在に気づくチャンスとなります。ハートを感じていると、ただ温かく心地よいだけでなく、気づきが自然に内側に拡がっていきます。そうすると、ハートの内側にあるたくさんの美しい宝物に気づいていくことができます。

たくさんの美しい宝物・・・本質的なつながりに気づいて生きることで、私たちはより美しく豊かな生を引き寄せることができるようになります。人生で望むものを手に入れるためにも、日常の中でハートを感じていることを認識することはとても重要です。

そしてハートを感じることで感受性はさらに深まり、外側の世界の美しさ、豊かさも
より深く感じ、より感謝をもって受け取るようになります。例えばやさしい朝日が昇る瞬間やファイヤーオレンジ色の夕日の美しさ、春の訪れとともに芽吹く新緑、三日月の涼しい光、夜空の星々にハートを感じるかもしれません。ハートを感じることがまた私たちに滋養を与え、さらにハートを育てます。

ハートを観る

ハートにつながり、ハートのもっている美しい質を観ていきます。ハートにつながっていないときには、自分自身にも他者に対しても表層から見ています。自分であること、その人であることのほんの一部しか観ていません。

これを繰り返しているうちに私たちの思い込みは強まり、制限された思考の中で自分、他者を見続けてしまいます。そうすると、自分に限界を感じたり関係性に不安や心配を感じて、いつまでも満たされることがありません。

ハートを通じて自分自身や自分にとって大切な人、例えば家族や友人のハートの美しい質を観ると、ハートのシンクロニシティの中では、愛と理解を伴ったコミュニケーションが自然に起こります。

ハートを観ることで、私たちは制限された繰り返しの生を送る必要がないことに気づいていきます。

ハートの直感

ハートに深く入り、ハートのもっている直観につながっていきます。ハートに深くつながると、ハートは私たちにたくさんの答えを示してくれます。

ハートの中心、静寂の中でマインドを休ませると、自然にハートの直観につながることができます。人間としてよくやってしまうのは、忙しい中で無理に、それも早くマインドから答えを出そうとすることです。

それは多くの場合、自分にとって調和に満ちた答えではありません。なぜなら、マインドはいつも過去と未来を行ったり来たりしているだけなので、“今に”“本質”に根付いていません。

その答えはマインドによる強固な思い込みがありながらも、すぐに変化してしまう不安定さを含んでいます。それがまたすぐに迷いを生みます。迷いは私たちをくつろがせてくれません。

ハートの直観には迷いがありません。なぜならハートの直観は真のアドバイザーであり真の先生なので信頼があり、自分をだましたり嘘がつけないからです。ハートの直観は自分自身との深いつながりの経験です。愛のフィーリングがあり自分自身と調和しているので、とても安定感がありくつろいでいられます。

ここではハートに深くくつろぎ、気づきを拡げて、直観・・・休眠中の答えに光を当てて行く瞑想を練習していきます。

ハートによる変容

私たちは日常の生活の中で、幸福感や楽観的などの心地よい感情を持つばかりでなく、怒りや嫉妬、不安や恐れなどの乱れた感情も体験します。この不快な感情は扱いにくく、多くの場合抑圧したり、戦うことで対処しようとします。それはとても苦痛を伴い、自分を傷つけています。感情のエネルギーは滞り、長期化すると固体化して肉体的、精神的な病に転じてしまうことがあります。

ここでは、本来誰もが持っている“ハートの変容の能力”につながることにフォーカスしていきます。ハートの愛や受容、ジャッジしない質、本質としての深いくつろぎを通して、乱れた感情のエネルギーは変容され、調和とバランスを取り戻していきます。また、ハートは過去からの感情的痛みを変容することで、新たなものの見方や、感じ方、創造への可能性も拡げていきます。



愛の眼の瞑想

「眼は口ほどにものを言う」と言われるように、その人の心の状態を表しています。例えば赤ちゃんを見るとき、美しい花々や星々を見るときの眼は自然にハートの愛や受容につながって、私たちはくつろいでいます。

逆に不都合なことが起きた時、眼はハートから切り離されて緊張し気づきが狭くなっています。自分自身や他者に対してマイナス面ばかりを見てジャッジしているかもしれません。受容できないときの眼は攻撃的になったり、見ることを避けているかもしれません。

この「愛の眼の瞑想」では眼とハートをつなげて、愛と受容から自分と他者を深く観ていきます。マインドから見る時と愛の目から見る時の違いに気づきをもたらし、そうすることで明晰性や慈愛、より大きな理解を持って観ることができるようになります。

ハート瞑想インターネットクラス
Heart meditation internet class
ハートヒーリング Lesson
Heart healing lesson